健康食品

プラセンタエキスの成分は?

少し専門的な名詞が並びますが、プラセンタエキスに含まれる成分と、それらが各々私達の身体にもたらしてくれる効果を列記確認して行きたいと思います。
まずはhttp://www.a3online.jp/yuukouseibunn.htmlにも書いてあるように「核酸関連物質」としてアデニン、ウラシル、シトシン、チミンなどが含まれています。
これらはホルモンのバランスを整え、自律神経の状態を調整する働きを有しています。

症例としては更年期障害、生理不順、月経困難、貧血などが該当します。
次に「アミノ酸」に分類されるアミノ酢酸、グルタミン酸、アスパラギン酸、アラニン、メチオニンなどがあり、肝機能の促進に作用します。
ウイルス性肝炎、慢性肝炎、アルコール性肝炎が該当する症状です。

続いて「ミネラル」も見逃せない成分で、カリウム、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄などがそれらです。
紫外線や火傷に因る皮膚の炎症抑制効果に優れており、組織の再生や壊れた皮膚の修復作用を見せてくれます。
虫さされ、胃潰瘍、腫れ、口内炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの症状が該当します。

その他にもキサンチンなど数々の成分を含んでいます。
それらが保湿作用、抗アレルギー作用、免疫賦活作用、活性酸素除去作用、結構細胞促進作用、鎮痛作用など数え切れない働きを見せてくれます。
全てを列記し補足して行くといくらスペースが有っても足りない程、確認されているだけでも膨大な効能を数百種類の成分がもたらしてくれる、それがプラセンタエキスなのです。

まるで生物学の試験勉強のように感じてしまわれたかも知れませんが、プラセンタの優れた効能に着眼し、人々が研究検証を重ねた結果、これだけの事が判明しているのです。
「プラセンタだから美肌に良い」と無条件に一言で語れてしまう感も定着した昨今ですが、これだけの裏付けが存在するからこその効能である事も、今回を機に頭の片隅に置いておくと良いでしょう。
今後プラセンタ製品を選択する際、例えばパッケージ表記やインターネット上のさまざまな配信を閲覧する際にも、そこに語られている内容をより深く確認出来ます。

あるいはこれまでプラセンタとは無縁のイメージが強かった症例にも効果が見られる事も、新たな発見になったかと思います。
こうした予備知識を有した上で、例えば痒み止めなどの薬用品を用いる際に成分をチェックすると、そこにプラセンタの文字を発見出来るかも知れません。
プラセンタエキスの成分まで掘り下げて検証している愛用者は決して多くはありませんので、この機会に秘かに友人達にこっそり「知識の差」をつけておくのも悪くないかと思います。
また、そんなプラセンタですが、副作用はあるのでしょうか。詳しくはこちらhttp://accessup.guidebook.jp/04placenta.html

このページの先頭へ