健康食品

プラセンタ療法って?

まずは「プラセンタ」の語彙ですが、これは胎盤を指しており、まだ単体で十分生きて行くだけの体力耐久力を有さない胎児の多臓器の役割を代行する万能性を有しています。
この優れた特性を治療に活用する「プラセンタ療法」は昨今一際各方面から注目を集めています。
この療法に用いられる医薬品は当然、厚生労働省が認可しており、製薬会社が人間の胎盤を用いて精製しており、無菌で副作用が殆ど見られない高い安全性を誇っています。

ちなみに胎盤が有する薬理作用ですが、病気への抵抗力の向上、老化防止、肝臓機能の強化、妊婦の母乳分泌促進、疲労回復、アレルギー軽減、美肌効果など、多岐に渡っています。
保険適用に関しては更年期障害、母乳分泌不全、肝障害には認められていますが、その他は全額自費負担となります。
プラセンタ療法は主に皮下注射を用い、症状の程度や目的に応じ、医師がその頻度や注射量を判断する医療行為です。

更に速攻性を希望期待する人に対しては、静脈への点滴で投与する方法も実施されています。
プラセンタ療法の歴史は意外に古く、不老長寿や滋養強壮に効果が期待されると楊貴妃やクレオパトラも実践していたと伝えられる程です。
自律神経の状態やホルモンバランスを整え、新陳代謝促進が期待出来るこの療法は、平たく表現すれば「若さ維持」「若返り」目的に有効だと言えるでしょう。

今日プラセンタ療法に関する具体的な知識情報や実施している医療機関の紹介など、インターネットを用いれば色々と閲覧が可能です。
医療機関の公式サイトにはより深いデータ等も明記配信されていますので、ご興味をお持ちの方はチェックされると良いでしょう。
皆さんの生活圏内の医療機関の所在地や実際の治療に要する費用面なども確認出来、非常に有効です。

またプラセンタ療法を既に経験されている方々の体験談や口コミ、更には自身で開設運営しているホームページなどにも感想やアドバイスが記されていますので、こちらも参考資料となります。
あくまで個人の主観で綴られている点を冷静に受け止め、正しい情報をピックアップして収集してみてください。
皆さんが期待する効果が確信出来るからこそ、不安を抱かず「注射」あるいは「点滴」という医療行為を受ける事が出来る訳ですから、この作業は大切です。
プラセンタ療法は今後も更に研究が進み、より多くの効能が立証されて行くであろう、更なる可能性を含んだ療法であり、更に保険適用範囲が拡大してくれる事を期待したいところです。
また、乳酸菌http://anotherme.jp/nyuus.html
セサミンhttp://www.oreanshealthexpress.com/karori.html
も一緒に摂るとより健康や美容に効果的です。

▼より詳しくプラセンタについて知りたい方はこちらをご覧ください。

このページの先頭へ