健康食品

プラセンタ効果とポリフェノール効果の違い

プラセンタとは「胎盤抽出物」であり、ズバリ「動物性」であり、対してポリフェノールは植物の樹皮、種に含まれた天然成分ですのでこちらは「植物性」という根底的な大きな違いがあります。
動物の胎盤は胎児が胎内で生育するに必要な数々の栄養素を含む哺乳類の身体の一部であり、この胎盤から抽出製造された製品がプラセンタだと説明出来ます。
対して紫外線など厳しい外部からの刺激から植物自身を守り、新たな細胞を作り出す働きをサポートしているのがポリフェノールであり、自然界にはその数4千以上とも言われています。

ちなみにポリフェノールが有する効果の筆頭に挙げられるのが「抗酸化力」であり、植物であれば紫外線を過剰に浴びる事でストレスを感じ、活性酸素が植物内に生産蓄積されます。
これは強い殺菌力と酸化力を有している為、溜まり過ぎてしまうと健康な自身の細胞自体を傷つけてしまい、結果病気の進行や深刻な状態を招き兼ねません。
この活性酸素を内側から除去する働きを持つのがポリフェノールであり、勿論ストレスを感じる実社会を生きる私達人間にも効果を見せてくれます。

ポリフェノールは今日数々のサプリメントや特定保健用食品として流通していますので、商品の説明書きをチェックの上、自身が改善したい症状にマッチする商品を簡単に調達出来ます。
更に身近な日常の飲み物である「赤ワイン」はポリフェノールの宝庫的存在ですし、ココアのカカオマス、緑茶のカテキンなどもポリフェノールの範疇に捉えられます。
殆どの植物に含まれていますので、自ずと市場の多くの消費に含まれる流れとなっているのです。

ちなみにポリフェノールの効果ですが、簡潔に挙げれば「病気の予防と改善」「メタボ脱却解消」「長寿」が挙げられます。
対してプラセンタは健康状態を身体の内側から整える事で美肌効果が望める他、更年期障害に関連する諸々の心身の不調の改善に大きな効果を見せています。
厚生労働省認可の医療品としてのプラセンタも現在2種類存在する他、数々の効能を謳うサプリメントが市販されており、多くの愛用者が継続利用を続け人気を博しています。

プラセンタは胎盤から抽出し製品化した医薬品もしくはサプリメントであり、ポリフェノールは植物に含まれた成分でこれを含む数々の日用食品や飲料品が流通している、ここが「違い」のポイントです。
その効果が共通して期待出来る症例もあれば、プラセンタが好影響を届ける例えば女性ホルモンに関しては、シチュエーション次第ではポリフェノールが逆の影響を与える場合も見られます。
ですが根本的には「双方共正しく継続的に使用すれば健康に良い」という点では共通した存在です。
お得に購入されたい場合には、プラセンタの定期便がおすすめです。

このページの先頭へ