健康食品

プラセンタの持続力

プラセンタを用いて長年の悩みを解決し、夢にまで望んだ身体のコンディションを手に入れる事が出来た、としましょう。
当然次に気になる命題は「これでプラセンタ摂取をストップしたらどうなるのだろう」「今後もこの状態が延々維持出来るのだろうか」という2点で共通しているかと思います。
ここで忘れてはならないのが、私達が「加齢を避けられない生身の生きている人間である」というポイントなのですが、不思議と多くの方がこれを忘れがちです。

プラセンタを用いる世代の人達は誰もが、生物学的には「老いの時期」を生きています。
人間は20歳を過ぎた辺りから「老い」が始まる生命体であり、それに伴う劣化として、全女性の悩みの種である「皮膚の状態の低下」が現れるのです。
それをプラセンタが有する優れた栄養素で老化を防ぎ、細胞活動を活性化させる事で「若返り」を促進させた結果が世間が賞賛している「美肌実現」という1つの結果なのです。

あるいは更年期障害の症状の範疇である、情緒不安定、不眠症、うつ、といった心理的要因が大きな症状に関しても、プラセンタの女性ホルモン分泌活性化が間接的に坑影響を与えるのです。
老化で働きが低下した卵巣を活性化させ、それが女性ホルモン分泌に繋がり、それが不安定な心身の状態を正常に立て直す、という「一連の流れを持った効果」なのです。
そしてここでも忘れてはならないのが、私達は誰もが歳を重ねる毎に、その「老い」も「加速度を増して行く」という現実です。

一旦美肌になったから、もう大丈夫という確約は断じて得られませんし、一旦不眠症が治ったから再発しない保証など決して見当たりません。
だからと言って過剰に神経質になる必要こそありませんが、これは人間の身体のみならず、全ての事象に関し、「良い状態を保つには必要最低限のメンテナンスの継続が必須」なのです。
プラセンタ医療を受け続けて来た人であれば、主治医としっかりとコミュニケーションを図り、現状維持から更に緩やかな向上を目指してください。
プラセンタ摂取期間こちらの記事も参考に是非ご覧ください。

サプリを用いて理想のレベルの自身を手に入れたのであれば、やはり適正な継続使用が好ましいと考えるべきでしょう。
どんなに美しい宝石も、ホコリを被り光が適正に照射されなければ、最高に輝き続ける事は出来ません。
プラセンタ自体、全身深く定着した栄養素が存在しますから、一朝一夕でその効果が消え去ってしまう事こそありませんが、それでも放置すればいつかはゼロとなって当然です。
またそんなプラセンタですが、副作用はあるのでしょうか。詳しくはこちらhttp://www.emilrulz.com/hukusayou.html

このページの先頭へ