健康食品

プラセンタをどう使う?

プレセンタは今日色々な状態に製品化から市販されていますが、例えば原液を入手したけれど「これをどう使えば良いのだろうか」と考え込んでしまわれる方は結構大勢おられるかと思われます。
高い安全性と確かな効果が評判のプレセンタですが、それでも自身の身体に直接用いる以上、適正な使用法を厳守せねばならないのは当然の事です。
商品には当然使用法の記載が見られますが、色々な情報と総合検証してみると「他にもっと効果的な使い方があるのかも」「違う使い方で妙な副作用が生じたら大変」と混乱するのも理解出来ます。

お薦めはやはり、手元の商品の説明文に沿った使用法で先ずは一定期間継続利用するスタイルです。
商品当然、プラセンタエキス原液のみ100%の内容構成では無く、そこにヒアルロン酸などが配合されており、その配合率や他の配合物の内容は商品に因って異なります。
「プラセンタの成分を含む化粧水」と捉えると理解出来るかと思います。

化粧水と理解する事で、次に注意する点は既にお気づきの通り、ご自身がお持ちのアレルギー症状へのリスクの確認です。
また皮膚に傷、腫れものなどが発症している際には使用を控えた方が賢明なのも通常の化粧水使用時と共通した考え方です。
更に数回使用して「合わない」と判断すれば、即使用を中止する姿勢も不可欠です。

違和感を覚えつつ無理に使用を続けてしまった結果、結果状態を悪化させてしまっては本末転倒であり、皆さんの健康事態にも時に深刻な悪影響となり兼ねません。
具体的には痒み、腫れ、赤くなった、刺激を感じたなどの場合や使用時には問題が無くともその後屋外で直射日光を浴びた後、同様の症状が確認出来た場合などが該当します。
他には保存状態として、直射日光が当たる場所、高温になる場所を避ける、一旦取り出した原液は戻さない、長期間開封状態で放置しない、キャップを開けたままはNGなど、いずれも常識範疇です。

小さなお子様がいらっしゃる場合は手の届かない場所での保管も鉄則です。
決して特別な存在ではなく、化粧水と基本同列で捉えて使用してください。
プレセンタの高い安全性を誤解して、我流で他の複数の化粧品化粧水とチャレンジ精神で混合利用するなど、素人人体実験的な行為に及ばない姿勢を徹底してください。
あくまで正しく使用してこその安全性である事を忘れてはならず、誤った使用法でせっかく期待出来るハズの高い効果まで無駄にしてしまってはプレセンタに申し訳無いユーザーとなってしまいます。
自分にぴったりなプラセンタ製品タイプこちらも参考になるかと思います。

このページの先頭へ