健康食品

プラセンタはなぜ美白効果があるの?

どんなに健康な女性でも年齢と共に肌の衰えは隠せなくて当然です。
何より気になるのがシワ、弛みなどの表面上のデコボコ陰影やシミ、くすみといった皮膚の表面上の濃淡など「目立つ衰え」である点には世の全ての女性が同意して下さるかと思います。
これは年齢を重ねるに連れ、 皮膚の弾力や保湿力が自ずと劣化してしまい、これがシワや弛みに直結します。

体内の新陳代謝が衰える事により、皮膚の皮脂と水分のバランスが崩れ、表面がザラザラに荒れてしまったり、シワや弛みなど張りを失ってしまうのです。
そして肌ツヤの要とも言えるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸なども体内で減少傾向を続けるため、弾力柔軟性共に劣化が進み、いわゆる「年寄り肌」的な外観へと近づいてしまうのです。
プラセンタは繊維芽細胞増殖因子と呼ばれる成長因子を含んでおり、繊維芽細胞の増殖を活性化する事で、細胞の修復再生を後押しする効果を身体に届けてくれます。

その結果コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などが増加し、皮膚のコンディションを身体の内側から向上させるのです。
これはコラーゲン成分を皮膚の表面上から施す美容手法とは根本的に異なる部分です。
同時にプラセンタには活性酸素除去作用も大きく、肌のバッドコンディションの大きな悪要因である活性酸を取り除く事で美白効果が期待出来ます。

また紫外線を大量に浴びた肌はメラニン色素が増加し、これがシミ、くすみにダイレクトに繋がってしまいます。
プラセンタは身体内の機能の活性化に効果大であり、体内の老廃物を除去する事でメラニン色素も体外へ排出し、同時にメラニン色素の増殖自体を抑える効果も確認されています。
更にプラセンタのメリットとして、十人十色の肌の特徴タイプに関わらず、皮膚の内側から美白効果が得られる点も見逃せません。

美容液の場合は乾燥肌、荒れ肌、敏感肌、脂肌など個人差に応じ、マッチする製品の選択肢も自ずと限られます。
ですがプラセンタの場合、こうした皮膚の特徴性質に関係無く、副作用の不安も無しで使用出来るのです。
美白効果に効果大と謳うプラセンタ製品は多数流通しており、既に多くの愛用者が予想以上の効果に喜びの声を伝えてくれています。
単に皮膚の表面上の美観のみならず、もう1歩踏み込んだレベルでの「美」を追求出来るプラセンタ、これを見逃す手はありません。
今日まで興味こそお持ちでも使用に踏み切れなかった皆さんはぜひ、この機会にプラセンタと二人三脚で美白実現に踏み出される事をお薦めします。

このページの先頭へ