健康食品

プラセンタは安全?

プラセンタの高い安全性は既に皆さんの目や耳に十分過ぎる程伝わっているかと思いますが、
ここでは更にもう1歩踏み込み、その安全性の理由と本当に不安はゼロなのかを検証して行きましょう。
まず着目したいのが、プラセンタは一般的な化学合成物ではなく「胎盤抽出物」であるというポイントです。
胎盤という生命に不可欠な栄養素が満載された生命体の1つのパーツから抽出されていますので、リバウンドや依存性、習慣性の不安が無用です。

更に他の薬との併用も問題がなく、これだけを検証してもプラセンタの高い安全性を語るに足りる事実です。
次に「何から採取したものなのか」という部分に着眼した場合、
現在厚生労働省が医薬品として認可した医薬品は「ヒトプラセンタ」に限られています。
厳密に言えば100パーセント安全だと明言出来るのはこのヒトのタイプのみで、
サプリとして市販されているのは「人以外のプラセンタ」から製造されています。

それらは主に「馬タイプ」と「豚タイプ」から出来ており、
ここまでの研究からの判断ではヒトのタイプにより近いのは「豚」の方だと捉えられています。
馬と豚を比較した場合、体型が人間に近いのは豚の方であり、大きな体格を胎内で形成せねばならない馬のタイプはそれだけ強力でなければならない点もその理由です。
そして豚タイプの中でもSPF豚から抽出されたものの安全性は他のものと比較して
ダントツの安全性を誇り、ヒトプラセンタに匹敵すると専門家間でも認識されています。

このように「完璧に近い安全性」が謳われるプラセンタですが、実際に使用を続ける中、一時的に状態の悪化を感じ確認する事も稀にみられます。
これはプラセンタがダイレクトに悪作用している訳ではなく、新陳代謝や血行促進が効能で一気に進んだための症状であるケースが殆どです。
悪い箇所が正常な状態に戻ろうとする途中、一時的にいわば「歪み」的にイレギュラーな症状が生じた状況なのです。
プラセンタアレルギーに関してはこちらhttp://www.beautifulboythemovie.com/arerugi.html

但し女性に関してはプラセンタの造血反応が生理の時期を早めたり出血量を増加させるケースが時折見られます。
あるいは腸の活動が活発となり、結果便が柔らかくなる人も見られ、こちらも上記と同じく「正常化途上の一時的な状況」ですので時間の経過と共に落ち着いて来ます。
ここまでお話しした通り、プラセンタの安全性は「危険性を探し出す事が困難」な程、安全性に優れているのです。
また気になるプラセンタの副作用についてはこちらhttp://www.bourne-s.jp/hukusayou.html

このページの先頭へ