健康食品

プラセンタ、なぜ馬や豚のものを使う?

意外に感じられる方もいらっしゃるかと思いますが、プラセンタは主に馬や豚のそれらを使用しています。
当然それには理由が存在しており、豚よりも馬のプラセンタの方が人気が高い傾向が見られています。
ちなみに両者の成分を比較してみると、アミノ酸に関しては、豚に対して馬の方が約250倍の含有率であり、豚には含まれない6種類のアミノ酸の存在も確認されています。

価格的にも馬の方が高額相場となっていますが、そのデメリットを補って余りあるメリットが人気に繋がっています。
この馬プラセンタの栄養素の高さの理由、それは1度の出産の頭数が密接に関係しているのです。
豚は1回で数頭出産する為胎盤が薄く、栄養の残存率も自ずと低くなってしまいますが、馬は基本1回に1頭の出産ですので、それだけ高い栄養残存率を有した厚い胎盤となっています。

すなわち「馬のプラセンタの方が栄養素が高い」という事なのです。
また馬は豚より体温が高い分寄生虫などに犯されるリスクが低く、感染症に対する免疫力にも長けています。
中でも国内産サラブレッドと称される交配を重ねる中劣性遺伝を次々と排斥して行く形で繁殖された馬であれば、その栄養面、衛生面、安全面への信頼度の高さは絶対的です。

こうして選び抜かれた馬の胎盤を原料としたプラセンタはサプリメントとしても最高の製品の1つだと明言出来るのです。
安全な高級馬肉が「馬刺し」と生で食されている事からも、その安全性と栄養価が伺い知れるかと思います。
一方の豚のプラセンタですが、こちらも「SPF豚」と称される徹底管理化で飼育された豚の胎盤であれば安心です。
プラセンタのバリエーションは豊富です。是非色々お試しください。

日本SPF豚協会が規定した衛生管理法に基づき、抗生物質を一切与えず飼育し、厳しい審査基準をクリアした豚のみがこの称号を謳う事を許されているからなのです。
馬や豚のプラセンタに関する雑学レベルから専門知識に至るまでの諸々は、今日インターネット検索でもチェックが可能ですので、ご興味をお持ちであればせひご自身で調べてみてください。
また馬プラセンタ、豚プラセンタの製品情報も直ぐに得る事が可能ですので、実際に購入使用をご検討中であれば、そうした情報も比較検証する作業が大切です。
美肌、育毛、健康その他幅広い効果が謳われているこれらのサプリメントですが、各々製造販売元が自社製品の特徴を解説配信していますので、しっかり確認理解の上で使用しましょう。
利用者の体験談などご自身が期待する効果を既に得られた方々の意見やコメントも参考になるかと思います。
placentaの保存方法も是非ご覧ください。

このページの先頭へ